胡蝶蘭のサイズもしっかりとご提案

d9dedb0329f25b577d8d0f95e8fe7c6e_s
オフィスの移転や株式上場などのお祝いで必ずと言っていいほど贈られるのが胡蝶蘭ですよね。可憐で高貴な雰囲気を醸し出すこの花はどのようなパーティーに持参しても非常に喜ばれます。ただし、胡蝶蘭は種類が豊富でサイズも多様なため、どのお祝い用にどれを選んだらよいかわからない、ということもあることでしょう。胡蝶蘭のサイズは大きく分けて、大輪タイプ、ミディタイプ、そしてミニタイプの3種類があります。大輪タイプは高さ80cm前後かそれ以上のもので、大きいものでは1mを超えることもあります。取引先の祝賀パーティーなど法人向けに贈る際には大輪タイプを選ぶと無難でしょう。大規模なパーティになると本数は7本や10本になることもあるものの、大抵の場合は3本立てが選ばれるようです。ただし会社のパーティでは幾つもの花が贈られるケースが多いため、花弁が小さいと非常に目立ってしまいます。ですから花弁が大きいタイプ、可能であれば白のV3という品種をお勧めします。ミディタイプは高さがおよそ50cmから60cmほどで、ほどよいサイズとカラーバリエーションの豊富さから、母の日や誕生日など家族や親族へのお祝い、あるいは親しい友人へのプレゼントとして頻繁に用いられています。値段は2本立てなら8千円前後で購入できるものが多いものの、特別なイベントなどでは5本立てのものが贈られることもあります。小輪とも呼ばれるミニタイプの胡蝶蘭は、鉢を手の平に乗せて運べるほどの大きさで、値段は2千円前後が一般的なため、ちょっとしたプレゼント用に、また自分の部屋に飾るために購入する人が多いようです。カラーバリエーションは豊富にあるため、鉢やラッピングの色と組み合わせて楽しむことができます。