シュロチクの育て方

■品名■ シュロチク
■科名■ ヤシ科
■属性■ ラピス属
■原産地■ 中国南部
■寒さ・冬越し■ 0℃以上
■花言葉■ 思慮深い・向上心

■日当たり・設置場所■
ある程度の暗い場所でも耐えられます。寒さにも強く、耐寒性は観葉植物の中でもトップクラスです。光が大好きな植物なので、日光のよく当たる場所に置いてあげると丈夫な株に育ちます。但し、強光線は苦手なので真夏の直射日光や西日などは葉焼けの原因となります。薄いレースのカーテンなどで直射日光が当たらないようにしてあげてください。
また、乾燥にも弱いのでエアコンの風が直接当たるような場所は避けてください。乾燥してくると葉の色ツヤが悪くなってきますので、霧吹きなどで葉に水をかけてあげてください。

■水やり■
春から秋にかけては、土の表面が乾いて1~2日程してから鉢底から水が出てくる位たっぷりとあげてください。受け皿に溜まった水は根腐れの原因となりますので捨ててください。冬場は、生育が鈍くなりますので水をあげる頻度を控えめにしてください。目安としては、土の表面が乾いて2~3日程してからあげてください。1回にあげる水の量は生育期と同様にたっぷりとあげてください。また、乾燥防止の為に霧吹きなどで葉水をあげてください。
※水やりのポイントとしては、水を少しづつ毎日あげるのではなく、あげる時は鉢底から水が出てくるまでたっぷりと。そして土の表面が乾いて1~2日ほど空けたら次の水やりのタイミングです(設置環境によって異なってきますが、目安としては1週間に1度のサイクルです)。

■性質及び特徴■
名前は「棕櫚竹(シュロチク)」と呼ばれていますが、イネ科である竹の仲間ではなくヤシの仲間になります。観葉植物の中では、耐寒性や耐陰性に優れており、一年を通して緑の葉を楽しむことができます。丈夫で育てやすい植物ではありますが、強光線や乾燥は苦手なので管理の際には注意してください。