カポック(シェフレラ)の育て方

■品名■ カポック(シェフレラ)
■科名■ ウコギ科
■属性■ シェフレラ属
■原産地■ 熱帯アジア、オーストラリア、ハワイ諸島
■寒さ・冬越し■ 3℃以上

■日当たり・設置場所■
本来は明るい場所が大好きな植物ですが、順応性が高いのである程度の日陰であっても間延びせずに育ちます。春から秋にかけては屋外に設置する事も可能ですが、室内で生育していた場合は、急に真夏の直射日光に当てると葉焼けの原因になります。明るい日陰から徐々に慣らしてあげれば、真夏の直射日光でも葉焼けすることなく育ちます。
観葉植物の中では、耐寒性が強い部類に入りますので(3℃以上)、平地や暖地であれば屋外での越冬も可能です。但し、霜や寒風に当たると株が傷んでしまう恐れがありますので、ベランダや軒下に移動させたほうが良いでしょう。冬場は室内の明るい場所に移動させても良いかもしれませんね。
■水やり■
比較的、乾燥にも強い植物ですが、春から秋にかけての生育期には水を欲しがります。土の表面が乾いたらたっぷりと水をあげてください。冬場はあまり生長しないので乾かし気味に管理します。土の表面が乾いて数日経ってから水をあげる程度で大丈夫です。
※水やりのポイントとしては、水を少しづつ毎日あげるのではなく、あげる時は鉢底から水が出てくるまでたっぷりと。そして土の表面が乾いて1~2日ほど空けたら次の水やりのタイミングです(設置環境によって異なってきますが、目安としては1週間に1度のサイクルです)。
■性質及び特徴■
観葉植物の中でも順応性が高く、耐陰性・耐寒性ともに強い部類に入りますので、非常に育てやすい植物です。但し、耐陰性があるといっても日陰でずっと管理していると株が軟弱になったり落葉の原因にもなるので、明るい場所で管理するのがオススメです。
また、蒸散作用が強いので空気の清浄化にも一役買ってくれる嬉しい植物です。