ベンジャミンの育て方

■品名■ フィカス・ベンジャミナ
■科名■ クワ科
■属性■ フィカス属
■原産地■ インド、東南アジア
■寒さ・冬越し■ 5℃~10℃以上であれば可

■日当たり・設置場所■
明るい所が大好きなので、陽の入るお部屋もしくは日中、蛍光灯が点いている明るいお部屋が好ましいです。日に当てることで葉の色ツヤも良くなりますし、丈夫に育ちます。春から秋の生育期にかけては、屋外やベランダの日向~半日陰の場所で育てることも可能です。越冬には5℃以上必要なので、屋外に置いている鉢も冬場には室内の日当たりの良い場所に移動させてください。
また、空気が乾燥すると葉が落ちてしまいますので、エアコンの風などが直接当たる場所には設置しないようにしてください。
■水やり■
春から夏にかけての生育期は土の表面が乾いたらたっぷりと水をあげてください。水切れを起こすと葉がパラパラと落ちてしまうので注意が必要です。秋からは水やりの回数を徐々に減らして冬は乾かし気味に育てます。土の表面が乾いてから与えるのが望ましいのですが、極端に土を乾燥させてしまうと葉が落ちてしまいます。
また、空気中の湿度が高い環境を好みますので、霧吹きなどで葉に水をかけてあげましょう。葉にツヤが出ますし、害虫の予防にも繋がります。特に冬場は乾燥しやすいので、こまめに葉水をあげるようにしましょう。
※水やりのポイントとしては、水を少しづつ毎日あげるのではなく、あげる時は鉢底から水が出てくるまでたっぷりと。そして土の表面が乾いて1~2日ほど空けたら次の水やりのタイミングです(設置環境によって異なってきますが、目安としては1週間に1度のサイクルです)。
■性質及び特徴■
ベンジャミンの特徴としては、水切れであったり、湿度不足により乾燥、日照不足、根詰まりなど何か問題が起こると葉を落としてしまいます。この落葉は一種のサインですので見落とさないようにしてください。この場合、光が足りているかエアコンの風が直接当たっていないか等の設置環境の見直しをしてください。
また、購入してすぐの鉢は、急に葉がパラパラと落ちてしまう事があります。これは、植物が新しい環境に慣れようとする生理現象ですので問題ありません。環境に慣れてくれば葉を落とさなくなります。