アレカヤシの育て方

■品名■ アレカヤシ
■科名■ ヤシ科
■属性■ ヤマドリヤシ属
■原産地■ マダガスカル
■寒さ・冬越し■ 10℃以上

■日当たり・設置場所■
光が好きな植物ですが、ある程度の日陰にも耐えられます。但し、室内の暗い場所に長期間置いていると日照不足で葉が黄色く変色してきます。その場合には、変色した葉を取り除き(※大元の幹の付け根部分よりカットして下さい。葉先だけが茶色い場合は葉先だけカットして下さい。)、室内の明るい場所へ移動させましょう。また、明るい場所を好みますが真夏の直射日光などの強い光線に当てると葉焼けの原因となりますので注意が必要です。春から秋にかけては、明るい日陰であれば戸外での管理もできますが、寒さに非常に弱い為(10℃以上必要)、冬場は室内の暖かい場所に移動させてあげてください。
■水やり■
春から秋の生育期にかけては非常に水を欲しがりますので、土の表面が乾いたらたっぷりと水をあげてください。水切れを起こすと葉先から茶色く枯れ込んでいきます。但し、水を沢山吸うからといって土を過湿状態にしていると根腐れを起こしますので、必ず土の表面が乾いてから水をあげるようにしてください。
また、高温で乾燥する環境だとハダニが発生しますので、葉の表裏に霧吹きなどで葉水をかけてあげてください。空気中の湿度を保つことでハダニの予防になりますし、植物が生き生きとしてきます。
冬場は、寒さに弱いので生育が緩やかになります。さほど水を必要としませんので、水やりの回数を少なくして土は少し乾燥気味に管理してください。極度の乾燥を嫌いますので、ときどき霧吹きなどで葉水をかけてあげてください。
※水やりのポイントとしては、水を少しづつ毎日あげるのではなく、あげる時は鉢底から水が出てくるまでたっぷりと。そして土の表面が乾いて1~2日ほど空けたら次の水やりのタイミングです(設置環境によって異なってきますが、目安としては1週間に1度のサイクルです)。
■性質及び特徴■
南国のトロピカルなイメージを演出できるので、非常に人気がありますが、そのイメージと同様に寒さに弱いです。ヤシ類の中でも寒さに弱い品種になりますので、冬場は室内の陽が差し込む明るい場所にて管理してください。ただ、窓際などでは夜間に冷え込む可能性があるので注意が必要です。
夏場は水を良く吸いますが、冬場はあまり水を必要としません(断水はしないで下さい)。設置場所の温度によって水やりのメリハリを付けてあげてください。
乾燥してくるとハダニが付きやすくなりますので、こまめに葉水をあげるようにして下さい。また、風通しが悪い環境に置いておくとカイガラムシも発生しますので、風通しの良い環境で育てるようにしましょう。
※カイガラムシは風通しが悪く埃っぽい環境や暗い場所を好みます。植物が弱っていたり置きっぱなしにしていると、いつの間にかカイガラムシが大量発生している事がありますので風通しや清潔な環境を心がけましょう。