アオドラセナの育て方

■品名■ アオドラセナ(コルジリネ・ストリクタ)
■科名■ リュウゼツラン科
■属性■ コルディリネ属
■原産地■ 熱帯アジア、熱帯アフリカ
■寒さ・冬越し■ 3℃以上
■花言葉■ 爽やかな交際

■日当たり・設置場所■
光を好む植物ですので、お部屋の明るい場所へ置いてください。光を好むといっても真夏の直射日光は、葉焼けを起こす原因となりますので、レースのカーテン越しに置くなど光を和らげてあげてください。また、暑さに少し弱いので風通しの良い場所に置いてください。観葉植物の中では、耐寒性がありますので関東以西のあまり霜が強くない場所であれば戸外での越冬も可能です。ただし、室内で育てていた植物を急に寒い戸外へ出すと、凍傷の可能性がありますので徐々に慣らしてあげてください。

■水やり■
春から秋にかけては、土の表面が乾いて1~2日程してから鉢底から水が出てくる位たっぷりとあげてください。受け皿に溜まった水は根腐れの原因となりますので捨ててください。冬場は、生育が鈍くなりますので水をあげる頻度を控えめにしてください。目安としては、土の表面が乾いて2~3日程してからあげてください。1回にあげる水の量は生育期と同様にたっぷりとあげてください。また、乾燥防止の為に霧吹きなどで葉水をあげてください。葉にツヤが出たり、ハダニの予防にもなりますので良い事尽くめです。
※水やりのポイントとしては、水を少しづつ毎日あげるのではなく、あげる時は鉢底から水が出てくるまでたっぷりと。そして土の表面が乾いて1~2日ほど空けたら次の水やりのタイミングです(設置環境によって異なってきますが、目安としては1週間に1度のサイクルです)。

■性質及び特徴■
爽やかな印象があり、カフェや休憩室などのゆっくりとできる場所が似合います。容姿がドラセナに似ている事からアオドラセナの名称が付いておりますが、ドラセナ属と同じキジカクシ科ではなくリュウゼツラン科になります。ドラセナ属に比べると耐寒性が強くなっております。