ソングオブインディオの育て方

■品名■ ソングオブインディオ
■科名■ リュウゼツラン科
■属性■ ドラセナ属
■原産地■ インド・マレーシア
■寒さ・冬越し■ 10℃以上
■花言葉■ 幸せな恋

■日当たり・設置場所■
ある程度の耐陰性もありますが、日当たりの良い場所を好む植物です。日によく当てると葉のツヤもよくなり黄色のストライプが鮮明になります。逆に日当たりの悪い場所で管理すると葉の色が薄くなってきてしまいます。但し、日当たりを好むといっても真夏の直射日光や西日といった強光線は葉がやける原因となりますので避けるようにしてください。

■水やり■
春から秋にかけては、土の表面が乾いて1~2日程してから水を鉢底から出てくる位たっぷりとあげてください。冬場にかけては、生育が鈍くなりますので、土の表面が乾いて2~3日程してから水をたっぷりとあげてください。受け皿に溜まった水は根腐れの原因となりますので捨ててください。冬場は土の表面を少し乾燥気味に育てますが、乾燥し過ぎると下葉がパラパラと落ちてしまいますので注意してください。
※水やりのポイントとしては、水を少しづつ毎日あげるのではなく、あげる時は鉢底から水が出てくるまでたっぷりと。そして土の表面が乾いて1~2日ほど空けたら次の水やりのタイミングです(設置環境によって異なってきますが、目安としては1週間に1度のサイクルです)。
■性質及び特徴■
生育は比較的ゆっくりなので、こまめに枝の切り戻しなどをする必要はありません。自然の樹形を楽しみながら育ててください。寒さに弱く、水のあげ過ぎも根腐れの要因となりますので、必ず土の表面が乾いて数日経ってから次の水やりを行ってください。